ブラックマンデーによろしく

米国株インデックスファンドを淡々と買い増すBLOG。

ブラックマンデーによろしく イメージ画像

更新情報

私は、ライフサイクル投資術を実践し、株式へレバレッジをかけるためにSPXLを毎月積み立てています。また、ポートフォリオのレバレッジ率を2倍以内とする方針のため、SPXL以外に楽天VTIとiFreeNYダウへ投資してレバレッジ率を調整しています。ここでは、このような「ライフサ
『【40カ月目】ライフサイクルPF vs 仮想S&P500トータルリターン』の画像

私は毎月、私と妻と子供2人の証券口座で米国株インデックスファンドへ積立投資をしています。 2022年7月は32万円の買付となりました。SPXLをジュニアNISA口座で14万円楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISA口座で14万円iFreeNYダウをiDeCo口座で3万5千円米国内
『SPXL,楽天VTI,iFreeNYダウ 2022年7月分の積み立てを実行』の画像

私は、ライフサイクル投資術を実践し、株式へレバレッジをかけるためにSPXLを毎月積み立てています。また、レバレッジ率を2倍以内とする方針のため、SPXL以外に楽天VTIとiFreeNYダウへ投資してレバレッジ率を調整しています。ここでは、このような「ライフサイクル投資術を取
『【39カ月目】ライフサイクルPF vs 仮想S&P500トータルリターン』の画像

私は毎月、私と妻と子供2人の証券口座で米国株インデックスファンドへ積立投資をしています。 2022年6月は24万円の買付となりました。SPXLをジュニアNISA口座で14万円楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISA口座で6万円iFreeNYダウをiDeCo口座で3万5千円主要な
『SPXL,楽天VTI,iFreeNYダウ 2022年6月分の積み立てを実行』の画像

私は、ライフサイクル投資術を実践し、株式へレバレッジをかけるためにSPXLを毎月積み立てています。また、レバレッジ率を2倍以内とする方針のため、SPXL以外に楽天VTIとiFreeNYダウへ投資してレバレッジ率を調整しています。ここでは、このような「ライフサイクル投資術を取
『【38カ月目】ライフサイクルPF vs 仮想S&P500トータルリターン』の画像

私は毎月、私と妻と子供2人の証券口座で米国株インデックスファンドへ積立投資をしています。 2022年5月は24万円の買付となりました。SPXLをジュニアNISA口座で14万円楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISA口座で6万円iFreeNYダウをiDeCo口座で3万5千円主要な
『SPXL,楽天VTI,iFreeNYダウ 2022年5月分の積み立てを実行』の画像

私は、ライフサイクル投資術を実践し、株式へレバレッジをかけるためにSPXLを毎月積み立てています。また、レバレッジ率を2倍以内とする方針のため、SPXL以外に楽天VTIとiFreeNYダウへ投資してレバレッジ率を調整しています。ここでは、このような「ライフサイクル投資術を取
『【37カ月目】ライフサイクルPF vs 仮想S&P500トータルリターン』の画像

私は毎月、私と妻と子供2人の証券口座で米国株インデックスファンドへ積立投資をしています。 2022年4月は24万円の買付となりました。SPXLをジュニアNISA口座で14万円楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISA口座で6万円iFreeNYダウをiDeCo口座で3万5千円主要な
『SPXL,楽天VTI,iFreeNYダウ 2022年4月分の積み立てを実行』の画像

私は、ライフサイクル投資術を実践し、株式へレバレッジをかけるためにSPXLを毎月積み立てています。また、レバレッジ率を2倍以内とする方針のため、SPXL以外に楽天VTIとiFreeNYダウへ投資してレバレッジ率を調整しています。ここでは、このような「ライフサイクル投資術を取
『【36カ月目】ライフサイクルPF vs 仮想S&P500トータルリターン』の画像

私は毎月、私と妻と子供2人の証券口座で米国株インデックスファンドへ積立投資をしています。 2022年3月は24万円の買付となりました。SPXLをジュニアNISA口座で14万円楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISA口座で6万円iFreeNYダウをiDeCo口座で3万5千円主要な
『SPXL,楽天VTI,iFreeNYダウ 2022年3月分の積み立てを実行』の画像

私は毎月、私と妻と子供2人の証券口座で米国株インデックスファンドへ積立投資をしています。 2022年2月は24万円の買付となりました。SPXLをジュニアNISA口座で14万円楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISA口座で6万円iFreeNYダウをiDeCo口座で3万5千円主要な
『SPXL,楽天VTI,iFreeNYダウ 2022年2月分の積み立てを実行』の画像

私は毎月、私と妻と子供2人の証券口座で米国株インデックスファンドへ積立投資をしています。 2022年1月は24万円の買付となりました。SPXLをジュニアNISA口座で14万円楽天・全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISA口座で6万円iFreeNYダウをiDeCo口座で3万5千円主要な
『SPXL,楽天VTI,iFreeNYダウ 2022年1月分の積み立てを実行』の画像

ライフサイクル投資術では、金融資産のみならず、将来的に得られるであろう収入を人的資本として考慮し、個人の最適な資産配分割合を決めます。2022年現在の私の人的資本をおおまかに計算してみます。50代半ばで完全リタイアすることを目標として・・・(現在、妻と共働きし
『私の人的資本2022』の画像

現時点の投資方針を整理し、メモしておきます。大前提は、米国株インデックス(S&P500等)のバイ&ホールド&レバレッジ。市場がどのように循環するか分かりませんので、セクター系指数へは投資しません。ライフサイクル投資を継続する。レバレッジを最大で200%、人的資本を含
『今後の投資方針2022、米国株インデックス投資とライフサイクル投資とレバレッジ』の画像

物事にはいいときもあれば、そうではないときもあります。だけど、人は自分が思い描く未来を信じながら歩き続けることしかできません。そして、辿り着いたその場所で、自分自身がその結果を受け入れなければならないのです。米国株へ投資する方にとって、今年はどのような年
『夢が創られる、コンクリートジャングル2021』の画像

↑このページのトップヘ